BITS2021 NIHON UNISYS GROUP BUSINESS ECOSYSTEM & ICT STRATEGY FORUM

Foresight in sight

デジタルコモンズで新しい世界へ ―サステナブルな未来を、はじめよう―

日本ユニシスグループ

2021年6月2日(水)〜6月4日(金) オンライン開催

  • コンセプト
  • 開催概要
  • コンテンツ
  • 基調講演・特別講演
  • セミナー情報
  • 展示情報
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • お申し込みはこちらお申し込みはこちら

6/4(金)開催 ユニシス研究会 全国カンファレンス2021

コンセプト

先が見通せない、VUCAの時代
世界は、社会は、今
コロナ禍、自然災害など多発する脅威に晒され、大きく変動しています。

こうした中、日本ユニシスグループは決意を新たに
持続可能な社会の実現に向かって、新しい変革のステージに移行します。

これまで構築してきたビジネスエコシステム®のプラットフォームを
さらに前進させ、社会の共有財「デジタルコモンズ®」の創造と提供へ。

社会課題解決を通じて社会的価値を創出する
地球規模のコミュニティを創成し、
ゼロエミッションをはじめ地球の再生を目指します。

共有し共栄する新しい世界へ、サステナブルな未来へ。
同じ志をもつ皆さまとともに、このBITS2021でスタートします。
リニューアルしたオンライン会場へぜひご来場ください。

参加費無料 お申し込みはこちら

開催概要

主催
日本ユニシスグループ
共催
ユニシス研究会
ライブ
配信日程
2021年6月2日(水)、6月3日(木)、6月4日(金)
アーカイブ
配信日程
2021年6月5日(土)~6月18日(金)
オンライン開催
参加費
無料(事前登録制)

お問い合わせ方法

  • ※講師および講演内容は、都合により変更になる場合がございます。
  • ※お申し込み及び閲覧は、最新の安定バージョンのブラウザをご利用の上、JavaScriptを「有効」にしてください。
  • ※案内状と本ウェブサイトの情報が異なる場合、本ウェブサイトの情報が優先されます。

コンテンツ

豪華講師陣による講演と、多彩なテーマのセッション

各界の有識者や専門家および日本ユニシスグループ社員が、ICTソリューションやデジタルトランスフォーメーションにまつわるテーマのもとに講演やセッションを行います。社会課題解決に向けた最新の取り組みや、製造、物流、金融、教育など幅広い業界のICT、また業種を超えてあらゆるビジネスに役立つヒントなど、そのテーマは多種多様。基調講演・特別講演はライブ配信で、その他のセッションはオンデマンド配信で視聴が可能です。さらに会期終了後も6月18日(金)までアーカイブ配信をご視聴いただけます。

*アーカイブ配信をご視聴いただくには、6/4(金)17:30までにお申し込みが必要です。

セミナー情報はこちら

注目の商材やサービスをオンラインで展示

ICTソリューションやデジタルトランスフォーメーションに関する商材やサービスをオンラインで紹介する、展示コーナーを用意しました。各商材・サービスに関する動画コンテンツの視聴や資料のダウンロードが可能です。さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、ページ上から各商材・サービスの担当者へお問い合わせいただけます。

展示情報はこちら

6/4(金)開催

ユニシス研究会 全国カンファレンス2021

日本ユニシスグループのユーザー会であるユニシス研究会は、「BITS2021」と共に、3日目の6月4日(金)に全国カンファレンスを開催します。「ユニシス研究会セッション」では2020年度の優秀な研究活動および論文活動の成果を発表いたします。続く「年次総会」では、ユニシス研究会をはじめICT業界、社会に対し多大な貢献をした個人やグループ等に贈られる2020年度「エッカート賞」の発表と表彰式を行います。

詳しくはこちら

基調講演・特別講演

基調講演/パネルディスカッション 6月2日(水) 13:30〜15:00

デジタルコモンズ®とはなにか
〜ビジネスエコシステム®の未来→社会的価値の創出へ〜

Michael Shanks
(マイケル・シャンクス)

スタンフォード大学教授

PROFILE

スタンフォード大学デザイン研究センターのthe Strategic Foresight and Innovation groupのファカルティー・リーダーであり、次世代のデザイン思考 ~デザインフォーサイトにおけるツール、プロセス、コンピテンシー~の研究と開発に従事している。現代の考古学者の中で最も独創的で影響力のある人物の一人であり、ケンブリッジ大学(英国 1993)、ヨーテボリ大学(スウェーデン 1998)、ロスキレ大学(デンマーク 2018)にて博士号を取得し、出版物は200冊以上に及ぶ。文化や歴史を通じてのチェンジマネジメントとイノベーションに関する研究は、複雑な不確実性の時代に適応し、革新する先見性を求める組織や企業などに、ユニークで実践的な洞察を提示している。直近10年間においては、ロッテルダム港を中心としたロッテルダム市やサンフランシスコ市などのスマートシティに関する顧問も務め、Airbus、Severstal、Thales、Michelin、Daimler Chrysler、SAP、およびアジア、ヨーロッパ、米国などの多くの企業とも協働している。

福島 敦子

ジャーナリスト

PROFILE

津田塾大学学芸学部卒。中部日本放送を経て、1988年に独立。
NHK、TBSなどで報道番組のキャスターを担当。テレビ東京の経済番組や週刊誌「サンデー毎日」での連載対談をはじめ、日本経済新聞、経済誌など、これまでに700人を超える経営者を取材。
経済・経営をはじめ、環境、コミュニケーション、ダイバーシティ・女性の活躍、農業・食などをテーマとした講演やフォーラムでも活躍。
複数の上場企業の社外取締役や経営アドバイザーも務める。農林水産省林政審議会委員などの公職や、大学経営、非営利団体活動にも関わる。
主な著書に「ききわけの悪い経営者が成功する」(毎日新聞社)など。

平岡 昭良

日本ユニシス株式会社
代表取締役社長

  • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう

特別講演 6月2日(水) 15:30〜16:30

データ活用による持続可能な社会の実現
〜一人一人の輝きが共鳴する未来へ〜

撮影:Jan Buus
(for Forbes JAPAN)

宮田 裕章

慶應義塾大学
医学部医療政策・
管理学教室 教授

PROFILE

専門はデータサイエンス、科学方法論、Value Co-Creation。
2003年東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。早稲田大学人間科学学術院助手、東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座助教を経て、2009年4月東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座准教授、2014年4月同教授(2015年5月より非常勤)、2015年5月より慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授、2020年12月より大阪大学医学部招へい教授。
データサイエンスなどの科学を駆使して社会変革に挑戦し、現実をより良くするための貢献を軸に研究活動を行う。専門医制度と連携し5000病院が参加するNational Clinical Database、LINEと厚労省の新型コロナ全国調査など、医学領域以外も含むさまざまな実践に取り組むと同時に、経団連や世界経済フォーラムと連携して新しい社会ビジョンを描く。いのちを響き合わせて多様な社会を創り、その世界を共に体験する中で一人一人が輝く“共鳴する社会”を提唱する。

  • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11: 住み続けられるまちづくりを

基調講演/パネルディスカッション 6月3日(木) 10:00〜11:30

未来創造への思考と行動法則
〜ChangeをChanceに変え、自分、社会、世界を変える!〜

山川 恭弘

バブソン大学
アントレプレナーシップ
准教授

CIC Japanプレジデント

ベンチャーカフェ東京
代表理事

PROFILE

専門領域は起業・失敗学。起業、経営戦略、および国際ビジネスの分野で教鞭をとる。ピーター・ドラッカー経営大学院にて経営学修士課程修了(MBA)。テキサス州立大学ダラス校にて国際経営学博士号取得(PhD)。10年間日本の電力・通信業界にて、大企業での新規事業開発やスタートアップ設立の経験を持つ。現在は起業・経営コンサル、ベンチャーのアドバイザリー・ボードも務める。執筆活動はアントレプレナーシップに関する多数の学術論文にわたる。著書:『全米ナンバーワンビジネススクールで教える起業家の思考と実践術』他。

齊藤 昇

日本ユニシス株式会社
代表取締役 専務執行役員 CMO

  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう

特別講演 6月3日(木) 13:00〜14:00

価値提案を起点としたビジネスエコシステム®
〜エコシステムの定義とそれを調整するアライメント構造〜

椙山 泰生

椙山女学園大学
現代マネジメント学部教授

京都大学名誉教授

PROFILE

専門は経営学で、国際経営、技術・イノベーション経営の領域で、研究・教育の発展に貢献してきており、ビジネスエコシステム研究にも長年取り組む。東京大学法学部卒業。東京大学博士(経済学)。ソニー株式会社、京都大学大学院経済学研究科助教授、京都大学経営管理大学院准教授、同教授などを経て現職。企業の境界や国境を越えて協働するイノベーションを分析し、その著作が組織学会高宮賞や国際ビジネス研究学会の学会賞を受賞。多数の企業との共同研究や研究会を主宰し、企業や経済団体のアドバイザーなども多く務める。組織学会評議員、国際ビジネス研究学会理事、京都大学起業家育成プログラム代表などを歴任。

  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • ※日本ユニシスグループ各社社員以外による講演の内容は各講師個人または所属組織の見解であり、日本ユニシスグループ各社の見解を示すものではありません。

お問い合わせ

“BITS2021”事務局までお問い合わせください

個人情報のお取り扱いについて

お問合せいただく前に、当社の「個人情報保護について」を必ずお読みいただき、次の個人情報のお取り扱いに関して、ご同意いただける場合、お問合せください。
個人情報保護についてはこちら >

同意いただけない場合は、本メールへのお問合せはできません。予めご了承願います。

  • 利用目的
    ご入力いただいた個人情報は、個人情報保護に関するお問合せに対応するために利用いたします。
  • 第三者提供について
    ご入力いただいた個人情報を、事前にご本人の同意なく第三者へ提供することはありません。
  • 委託について
    取得した個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合があります。
  • 開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について
    ご入力いただいた個人情報の「利用目的の通知」、「開示」、「訂正・追加・削除」、「利用停止・消去・第三者提供の停止」(「開示等」といいます)の お申出、ご質問等がございましたら、下記の「お問合せ先」にご連絡いただくか、当社 ホームページから「開示等の請求手続きについて」に従いお申出ください。
    開示等の請求手続きについてはこちら >
  • 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
    Webビーコンとクッキーとを併用することにより、詳細な統計的情報を取得することができ、取得した情報には閲覧したユーザーの属性集計や利用状況集計が含まれていますが、個別のユーザーを特定するような情報は一切含んでいません。
  • 安全管理措置について
    取得した個人情報については、漏えい、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
  • 個人情報保護基本方針および当社グループ企業
    当社ホームページの個人情報保護基本方針および日本ユニシスグループをご覧ください。
    個人情報保護基本方針はこちら >
    日本ユニシスグループはこちら >
  • 個人情報管理者および連絡先
    日本ユニシス株式会社
    広報部長
    ご連絡は下記お問合せ先までお願いします。

お問合せ先

日本ユニシス株式会社 BITS2021事務局
〒135-8560 東京都江東区豊洲1-1-1

info@bits2021.jp

BITS2020レポート

BITS2020は、2020年9月24日(木)の中部を皮切りに、全国9拠点でオンライン開催しました。
「Foresight in sight 未来をつくる、志をつなごう ― ビジネスエコシステムで扉をひらけ、持続可能な世界へ― 」をコンセプトに、社会課題の解決と“SDGs”の達成に向けた貢献、社会と企業の持続的な成長サイクルの創出などに関する最新動向を、日本ユニシスグループや登壇者の事例を交えて、ライブ配信で紹介しました。

Sustainable Development Goals 世界を変えるための17の目標

  • 1: 貧困をなくそう
  • 2: 飢餓をゼロに
  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 5: ジェンダー平等を実現しよう
  • 6: 安全な水とトイレをみんなに
  • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10: 人や国の不平等をなくそう
  • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 12: つくる責任つかう責任
  • 13: 気候変動に具体的な対策を
  • 14: 海の豊かさを守ろう
  • 15: 陸の豊かさも守ろう
  • 16: 平和と公正をすべての人に
  • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、人と地球の未来のために2030年までに解決すべき17の目標です。国際社会で普遍的に適用されるこれらの目標を達成するために企業への期待も高まっています。
日本ユニシスグループはビジネスエコシステムを通じて、SDGsの達成に向けて貢献していきます。